冷凍車の中古を買うならトラック専門のショップで

冷凍車は、新車で買うとなると少し値が張るそうです。大きなものなら250万円から450万円もするのだそうで、小さくても100万円以上はします。輸送などの仕事を始める際、なるべく安い値段で車をそろえたいですから、中古で探すのがおすすめです。トラック専門のショップがあり、バン、ダンプ、トラクタ、トレーラーなど、いろいろ揃ったところのほうがやはり安いです。いろいろな自動車屋さんの情報を集めているサイトなどもあり、欲しい冷凍車の大きさや機能、価格帯がはっきりしているようなら、こまめにチェックしてみるのがおすすめです。メーカーや年式、走行距離だけでなく、冷凍機が搭載されているか、夏期でも庫内が何度に保てるか、など、詳細な情報もチェック出来ます。気になる車が見つかったら、個別に問い合わせてみると良いでしょう。


冷凍車が故障して急遽、中古の冷凍車を用意した

一時期、大きな冷凍庫内で作業をしていたことがありました。それを始めた理由は簡単です。汗かきの私にとって夏にアルバイトをするのはしんどいことだったので、なるべく暑くない場所で働きたかったのです。作業は割と簡単に覚えられましたが、私が想像していた以上に中は冷えていました。冷凍車が冷凍食品を運んでくるので、それを冷凍庫にしまうという作業をしていました。しかし、途中で冷凍車の温度調節が壊れてしまったらしく、使い物にならなくなりました。そこで会社は急遽、中古の冷凍車を用意して、作業を開始することが出来ました。アルバイトが終わったあと、急激の温度の変化で数日間は頭が痛くなったりもしましたが、体というのは慣れるもので、途中からは全然苦になりませんでした。それに、年配の方たちがすごく気にかけてくれて、割と長くそのアルバイトを続けることが出来ました。


要望に沿う中古の冷凍車を探してみよう

同じ効果で費用もかからないのなら、冷凍車の導入の際には両側サイドスライド扉などの便利な仕様を検討するのもいいでしょう。中古で出回っているものを選ぶというのもおすすめです。クルマとして新車と変わらないのなら、うまくいけると思います。要望に沿うようにすれば導入もうまくいくことでしょう。現場にあった仕様が大切なのだと感じましょう。できるなら心がけて現実の需要に応えるという姿勢がいいと思います。新車になると価格が高くなるというのはよくあることでしょう。しかし経費がかかってしまい余裕を持つことが出来ないと困りますよね。帳簿上でもメリットが大きいということをわかったうえで、中古を選ぶのはありです。中古と言うと整備の状況も気になりますよね。実際にどういう整備状況なのか、ちゃんとショップでおしえてもらうことも大切です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です